見直し作業の必要回数

皆さんのライフステージは、現在から未来へ視線を馳せる形での確認となるため、全てがその通りに展開するとは当然限りません。現在既にお子様をお持ちのご両親であれば、お子様の卒業からの独立の時期などはほぼ的確に逆算出来ますが、その他の事象に関しては言葉は少々乱暴になりますが、ある意味「出たところ勝負」「その都度臨機応変に対応」の姿勢が求められます。終身雇用を想い描いていたご主人の転職や独立開業など、人生に本人すら想定外の展開は少なくありません。こうした経済社会上のスタンスが大きく変化した際にも、保険見直し作業が非常に重要です。

 

皆さんが最初に保険見直しを実践されるに際しては、やはり世間一般的すなわち平均的な人々の一生の歩みが基準となります。勿論保険代理店の担当者は皆さんのライフプランを傾聴から、より細やかにフィットしたプランの提案に尽力してくれますが、それも未来予想図に基づいたプランに他なりません。

 

保険見直しが定期的に必要、あるいはポイントを押さえての実践が必要と言われる理由が、この「未来の出来事に確約は見当たらない」なる現実の中に存在しています。皆さんによりジャストフィットの保障をキープし続ける上では、複数回の保険見直し作業が必要です。

ライフステージとは

ライフステージすなわち皆さんの人生於ける幾つかのターニングポイントを迎えるに際しては、自身を取り巻く家族構成や人間関係のみならず、社会人として想定されるリスクの度合いやその内容などが大きく変化を見せます。更にはそれまでは自分のためだけの万一の保障で十分だったのが、ご家族のための保障へと、その主たる役割が大きく変わるのが結婚というタイミングであり、一家の稼ぎ手に相応な保険金額への設定変更が必要となります。

 

また更に将来、子供達が経済的に独立から家を離れれば、配偶者と2人の余生の時間が続きます。子供達を育むに際して必要な死亡保険金の確保が不要となる代わりに、年齢から高まる病気発症のリスクへの備えに重点を置く見直しが求められます。高齢者での加入が可能な医療保険が人気を博している昨今ですが、こうした契約者全体の傾向の一因として、保険見直しが少なからず影響していると推察されます。

 

参考HP《保険見直しでご家族を応援します | かぞくのみかた
家族のライフステージにあわせた保険を提案している見直しサイトです。

 

私達が保険見直し作業を視野に入れるに際しては、それぞれのライフステージを見据える姿勢が欠かせません。こうした基本的な要着眼点に関しても、保険代理店の担当者が丁寧に説明してくれますので、安心して現在契約中の保険証券を持参されれば大丈夫です。

保険見直しすべき時期

その言葉の響きから連想出来る通り、ライフステージとは人生の舞台であり、保険業界に於いては私達の一生の中で迎える、幾つかの大きなターニングポイントを指す言葉です。卒業から就職、家を離れての経済的独立、結婚、子供の誕生、定年退職など、自身の人生という舞台における立ち位置や役割が大きく変化すれば、自ずと必要となる万一に際しての保障内容や保険金額もそれに伴う変化が避けられません。にもかかわらず旧来の付保内容のままの契約を継続から、疑いなく保険料を負担し続けてしまうと、万一に際して十分な保障が得られない、あるいは無駄に多額の保険料を払い続けてしまうなど、大きなデメリットに繋がる可能性が高まります。

 

多くの方々が加入中の保険の存在を意識するのが、満期を迎える通知が届いたタイミングである事実は否定出来ません。同時に多くの方々の意識は、保険料の増額の現実と、その部分だけに着目から落胆する、あるいは諦めてしまうの二者択一に集中しがちです。ですが保険の満期の時期は、単に加入時期から一定期間後に自動的に訪れる一つの区切りであり、皆さんのライフステージを踏まえての満期通知ではありません。

 

ここではライフステージなる、日常生活ではあまり用いる機会が見当たらぬ、ある意味保険用語の範疇に属する言葉の意味を再確認から、保険見直しのタイミングとして重要な理由を、みなさんと一緒に検証してみたいと思います。この作業を通じ、保険見直しの重要性を少しでもよりご理解いただければ幸いです。