見直し作業の必要回数

家皆さんのライフステージは、現在から未来へ視線を馳せる形での確認となるため、全てがその通りに展開するとは当然限りません。現在既にお子様をお持ちのご両親であれば、お子様の卒業からの独立の時期などはほぼ的確に逆算出来ますが、その他の事象に関しては言葉は少々乱暴になりますが、ある意味「出たところ勝負」「その都度臨機応変に対応」の姿勢が求められます。終身雇用を想い描いていたご主人の転職や独立開業など、人生に本人すら想定外の展開は少なくありません。こうした経済社会上のスタンスが大きく変化した際にも、生命保険見直しの作業が非常に重要です。

皆さんが最初に生命保険見直しを実践されるに際しては、やはり世間一般的すなわち平均的な人々の一生の歩みが基準となります。勿論保険代理店の担当者は皆さんのライフプランを傾聴から、より細やかにフィットしたプランの提案に尽力してくれますが、それも未来予想図に基づいたプランに他なりません。

生命保険見直しが定期的に必要、あるいはポイントを押さえての実践が必要と言われる理由が、この「未来の出来事に確約は見当たらない」なる現実の中に存在しています。皆さんによりジャストフィットの保障をキープし続ける上では、複数回の生命保険見直し作業が必要です。